トップイメージ

二人でアイデアを持ちより、話を練り上げ、絵本をつくる、
そんな試みに挑戦してみました。

心にとまった考えを何度もキャッチボールしたり、
お互いの文章を推敲したり、

でこぼこ道を手探りで進むようなワクワク感がありました。

思い描いていた絵本への道のりはまだまだ遠く、
今後どんなカタチで展開していくかも未定なのですが、

年齢をかさね、とりまく風景や想いが変わる中で、
ライフワークのように創りつづけていければいいなと思ってます。

絵本の紹介

ライン

“あくびのたね”ってこんなおはなし。

 

お気に入りの丘にこしかけて、のんびりとはな歌をうたっているスノー。
しっとりあまい風がスノーのぬれた鼻をくすぐると、
たまらず大きなあくびがひとつ。
 そのとき、とつぜんまっ黒いモジャモジャが目の前をよこぎり
「パクッ」と鼻先で何かがとじる音が…。

「ケ、ケケケ…。こんなに“ゆったり味”がしみこんだ

うまいあくびはひさしぶりだねぇ。」
声の主は、まっ黒い巻き毛が自慢の“あくびくい”、
おいしい“あくび”をひたすら追いもとめる森の流れ者だったのです。

“あくびくい”はスノーのあくびをゴクリと飲み込むと、ぷっと何かをはきだしました。
そう、それは“あくびのたね”。
あくびのたねからは、やがてつやつやひかるみどりの芽が…。

“あくびのたね”から巻き起こる騒動が、

スノーと“あくびくい”のこころの距離をかえていきます。

ライン

絵本見開き1

絵本見開き2

絵本見開き3

絵本見開き4

絵本見開き5

メールを送る